透析処方箋印刷

透析処方箋印刷には「自動印刷」と「手動印刷」がございます

このページでは処方箋印刷について解説させていただきます。

処方箋も経過表と同じように「自動印刷」と「手動印刷」がございます。

「自動印刷」「手動印刷」選択フォーム

下記画像が処方箋の「自動印刷」か「手動印刷」かを選択するフォームになります。

処方箋印刷方法選択フォーム
処方箋印刷方法選択フォーム

上記のフォームが「自動印刷」「手動印刷」を選択するためのフォームです。

「自動印刷」は透析クール(月・水・金午前や火・木・土午後などの透析を行う時間帯分けです)ごとに1週間分週3回分の3枚の処方箋を印刷する時のモードです。

「手動印刷」は患者さんおひとりの1枚の処方箋から印刷するためのモードです。

処方箋自動印刷クール選択フォーム

透析クール(透析時間帯)選択フォーム
透析クール(透析時間帯)選択フォーム

上記のフォームが自動印刷の透析クール(透析時間帯)選択フォームです。

この4つの色分けしたボタンを押すとボタンに表示されているクールの自動印刷をノンストップで印刷します。

印刷が始まるとキャンセルボタンや停止ボタンはありませんので、唯一止める方法はパソコンのキーボードの一番左上の「Esc(エスケープ)」ボタンを押すことです。

処方箋個別印刷フォーム

処方箋個別印刷フォーム
処方箋個別印刷フォーム

上記フォームが手動で処方箋を印刷するためのフォームです。

フォーム左側の患者さんの名前がリストで表示されているところから個別印刷したい患者さんの名前をクリックします。

そして金曜日・月曜日・木曜日のチェックボックスをクリックします。

画像で選択している梅村 花子さんは月水金のクールなので印刷する曜日選択欄にも金曜日・月曜日・水曜日は表示されています。

処方箋が出ていない場合は曜日選択は押せません

処方が出ていないときの個別印刷フォーム
処方が出ていないときの個別印刷フォーム

上の画像は先ほど説明させていただいた処方箋個別印刷フォームと同じものですが、名前選択欄で選択されている大山尚子さんは処方が1枚も出ていないため、「処方なし」と薄い灰色で表示され、チェック欄もクリックすることができません。

プリンターの設定でA5版に縮小してください

実はこのエクセルの処方箋タブに掲載されている処方箋テンプレート(雛型)はA4判サイズですので、定められている規格は処方箋の大きさはA5版サイズですので、プリンターの設定でA5版へ縮小印刷を指定してください。

申し訳ありません。

処方箋の規格で大きさが決まっているということを知らずにテンプレートを製作したのですが後から現在はA5版に定められていることを知りました。

私が透析室勤務の時は処方箋はA4の紙に印刷しておりましたので、そのつもりで作成してしまいました。

今後、改めてA5版サイズに変更していきたいと思います。